ヘッダー画像:PPC広告代行

PPC広告(リスティング広告)とは?

PPC広告とはGoogleやYahooの検索結果ページの上部・下部・右側に出てくる広告のことです。
下の画像はGoogleの検索結果ページですが、赤枠で囲まれた部分がPPC広告(リスティング広告)となります。

画像:google検索結果ページ

リスティング広告は、販売する商品(サービス)の購買意欲が高いユーザーに対して広告を表示することができます。
PPCは「キーワード」だけでなく「地域」「年齢層」「時間帯」「デバイス」等の細かい条件を加えて出稿することにより集客効果の精度を高める事が可能です。

PPC広告を利用するメリット

PPC広告はSEOの自然検索で上位に表示させるのと違い、検索結果の上部に広告を掲載することができるため、即効性があります。

インターネット上で集客する方法として代表的なのはSEO対策です。SEO対策は狙ったキーワードで上位表示させることが出来れば、広告費用を全く掛けることなく0円で集客することが可能です。
キーワードにもよりますが、たくさんの人が検索するキーワードで上位表示をさせる事はとても難しく膨大な時間がかかります。

特にビッグキーワードと言われているもので上位表示しようとした場合、1年程度かけてSEO対策を行う必要があります。
PPC広告はSEOの自然検索で上位に表示させるのと違い、検索結果の上部に広告を掲載することができるため、スグにアクセスにつなげることができます。

また、新たに作成したホームページは検索エンジンに認識されて検索結果に表示されるまでには、1ヵ月から3カ月ほどかかりますので、結果を早く求めるお客様に最適な広告手法です。

PPC広告の運用は簡単?

下の画像は弊社が実際にPPC広告代行をさせて頂いている企業様のYahoo広告の管理画面の一部です。
ご覧いただくとお分かり頂けると思いますが、リスティング広告の管理画面はとても複雑で設定項目や機能がたくさんあります。
はじめてPPC広告を利用される方は、この画面を見ただけで諦めてしまう方も多いようです。

画像:yahoo広告の管理画面

操作の難しい管理画面ですが、根気強く勉強すれば十分に使いこなすことができますが、かなりの時間がかかってしまうかもしれません。
PPC広告の出稿には、表示させる広告文を作成しキーワードと単価を設定すればすぐに表示させることができます。出稿した後は、日々、状況をチェックしながらキーワードや入札単価の調整が必要となります。

弊社ではお客様の業務内容を詳しくうかがい、業界調査・競合調査・キーワード調査を行った上で、広告文の作成からキーワードや単価等の細々とした設定を行いPPC広告の代行業務を行っております。

PPC広告の落とし穴

多くの人が勘違いしていることは、クリック数が多ければコンバージョン(成果または売り上げ)が上げると思われていることです。クリック率やクリック数とコンバージョンは全く関係がありません。

実際にグーグル広告とヤフー広告の管理画面を見てみると分かりますが、「お知らせ」や「アドバイス」に表示されているのは『クリック率アップ』を勧めています。
クリック率をアップさせるには「キーワードを増やすこと」と「入札単価を上げる事」ですが、クリック率が上がるればクリック数もアップしますが、当然のことながら広告費用は物凄い勢いで上がります。

そして、PPC広告代行会社はお客様が使った広告費の約20%を手数料としています。(弊社も同様です)という事はGoogleもYahooも広告代行会社も、クリック率とクリック数を上げて広告費をたくさん使わせることで利益を上げることができます。

クリック率とクリック数を上げれば、確かに成果は上がるかもしれません。しかし費用対効果を考えれば全く意味のないクリック数(広告費)を支払っている可能性があります。

例えば、仮に商品単価10,000円の「ダイエット用のサプリメント」を販売した場合、キーワードやターゲットの設定で大きく費用対効果は違ってきます。
例1:キーワード「ダイエット サプリメント」⇒クリック単価:1,000円⇒10クリックで1件の売り上げ
クリック単価1,000円×10クリック=広告費10,000円⇒売り上げ10,000円

例2:キーワード「ダイエット サプリメント 1週間 30代」⇒クリック単価:100円⇒5クリックで1件の売り上げ
クリック単価100円×5クリック=広告費500円⇒売り上げ10,000円

これは、分かりやすくするための数字であくまでも仮定の話ですが、ターゲットを絞ることでキーワードを絞りクリック単価を下げてコンバージョンを高める事ができます。

弊社は、いかに低い広告費で効果を高めるかを常に追求しております。それは、お客様と弊社がお互いに有益なお付き合いを永く続けたいからです。
お客様の業者や目的について詳しくお伺いした上で、調査を行い結果を出せるか否かを判断させていただきます。
まずは、お気軽にご相談ください。